おもしろい本、2冊に掲載されました

1月25日発売の本に掲載されました。
掲載された2冊の本が偶然、同じ日に発売です。
2冊ともちょっとマニアックなとっても素敵な本です。

1冊目
「d design travel・山梨特集」
http://www.d-department.com/

D&DEPARTMENT PROJECT発行のトラベル雑誌の中の
全国情報のページにちょこっとだけ紹介してもらいました。
この雑誌はD&DEPARTMENT PROJECTの企画だけあって
デザインも写真もすべてが素敵です。
山梨県の特集ですが、ページをめくっているだけで楽しい。
編集長のナガオカケンメイ氏のモノを見る視点がダイレクトに
伝わってくる、新しいトラベル雑誌です。

小さじいちはパンと食べるところを全国情報の中にライターの
江沢香織さんの文章で紹介してもらっています。





2冊目
「パンラボ」
http://panlabo.jugem.jp/

「バターのような、ジャムのような、そばにあるとパンがおいしくなる、パンの図鑑」
こんなサブタイトル。
パンライター・池田浩明氏、パン愛好家・渡邉政子氏、東京の人気パン店
「かいじゅう屋」店主が3年にわたって全国のパンを食べ、セレクションして
制作したという書籍。
222店舗、458種のパンをコンプリートしているというからスゴイ。

小さじいちのパンについても、単なるショップ紹介ではなく、本当にパンを食べて
本当の感想を掲載してくださっています。
「他のパン店が努力してもかなわない根源的な材料の良さなどが追求されている。
パンはシンプルな食べ物だと改めて思った」というような記事をかいじゅう屋さんが
書いてくださっていることに感激。
まさに、小手先の技術や派手な材料ではなくて引き算引き算のパン作りをしてきた
6年間が報われたような気持ちです。
この本は、異常なまでのパン好きによって作られており、この本の中の情報の確実さも
感じることができます。
パンの基礎知識からパン店の食べ比べまで、全ページモノクロでざらざらのコミック紙に
描かれた、とてもおもしろい書籍です。
本当の本当のパン好きの方におすすめです。

東京のMUJI銀座松坂店、新宿店や、ジュンク堂池袋本店などで発売の記念イベントが
行われます。
興味のある方はぜひ調べてみてください。