ひまわりの種のカンパーニュ

1月28日から29日はいろいろな場所でパンの販売があります。
毎週土・日販売の米子市・ティズクレイさん
http://clayzakka-cafe.co.jp/
毎週日・月販売の米子市・ホワイトウィペットさん
http://www.white-whippet.jp/
(在庫の有無は各店にお問い合わせください)

そして29日は大阪のギャラリーsajiさんのWindow-marketに
出かけてパン販売いたします。ぜひお越し下さい。
http://www.saji-3.jp/

この3店舗で今回販売している「ひまわりの種のカンパーニュ」のお話を少し。





ひまわりの種のカンパーニュは2キロくらいの重さで大きく焼きます。
それをカットして販売します。
大きく焼くことで焼成時間が長くなり(40分から1時間くらい焼きます!)
皮の部分の香ばしさが出てきます。

*食べるときは何と言ってもオリーブオイルです。
スライスしてこんがりトースト、オリーブオイルに少しだけお塩を入れて
つけながら食べてみてください。
ひまわりの種のこっくりした食感と風味がクセになります。

*カリカリのパンが苦手な方は、フライパンで焼いてみてください。
しっかり熱したフライパンに植物性オイルを少し引いてスライスしたパンを置き
水を少しだけ均等に入れてフタ。ほどよく焦げ目ができたら裏返し、再び蒸し焼き。
これでもっちりとした独特の食感のパンになります。
不思議と冷めてももっちり感が続いて、ゆっくりと食べてもいつまでもおいしいです。



他にも果実酵母のバケットなど、いろいろ焼き上がりました。
雪に囲まれた大山では空気がたいへん冷たく、酵母もとてもゆっくり育ちました。
酵母がなかなか起きなくてたいへんな冬ですが、こんな冬の酵母が大好きです。



もう一つお知らせ。
2月10日から26日のティズクレイさんでのイベントの内容ができてきました。
テーマは「パン屋が食べたい、パン屋のパン」
それぞれがとっても個性的で魅力的なパン屋さんのパンをみなさんに紹介します。
2月15日・22日は酵母のワークショップもあります。
詳しくは大阪から帰ってきてから。お楽しみに。