11月のいろいろ HUTオープン!

11月は楽しいイベントがありすぎて、ひとつ、またひとつ、とこなすので精一杯。
参加していただいたみなさまにお礼やご報告が遅れてごめんなさい!!

11月11日。
いちばん刺激的だったことはご近所のだいちゃんと愛さん、あなんくんのお店「HUT SBALCO design」がOPENしたこと。
オープニングパーティーは料理家のたかはしよしこさんと、よしこさんのお姉さんのポノポノ食堂さんがお料理をしてくださいました!

よしこさんとは愛さんを通じて、エジプト塩の取扱いをさせていただいたり、逆に去年のエジプト塩まつりではたくさんのエ塩パンを販売していただきました。エ塩まつりが広がって九州や大阪でもパンを取り扱っていただきました。
今回のパーティーでも小さじいちのパンをお料理に使いたいとのことで、カンパーニュやフォカッチャをよしこさん風にアレンジしていただきました!
カンパーニュは「スズキ海藻蒸しタルティーヌ」に。日本海の香り豊かなわかめや海苔とスズキを蒸してカンパーニュにたっぷり乗っける。最後に味の濃い岩塩をぱらり。まさか、と思うようなおいしさ。
天板一杯で焼いた特大フォカッチャは「落花生ロメスコとラぺ」。西澤さんのこっくりとおいしい生落花生を濃厚なロメスコソースにしてさっぱりしたにんじんのラペと合わせて。
今まで食べたことも考えたこともない、お料理。とてもとてもおいしくて、以来、ロメスコソースのことばかり考えています…!パンの反省点は、お料理の邪魔にならないように、他のお料理が食べられなくなるからボリュームを出さないように、となるべく個性を消してやさしくやさしくと考えてパンを焼いたのですが、その結果、やさしすぎてお料理に完全に負けてしまっていた感じがしました。もう少し強い酵母感をプラスできたらよかったナ、と反省。よしこさんは試作もなく、こちらに来ておいしいものを探して、即ひらめいて、即お料理、という天才的なケータリングだったので、そこに天才的にぴったりと合ったパンを焼きたかったー。また次回があるならば、次回!がんばります!




今回のお料理をしてくださったよしこさん、お姉さんのともちゃん、ポノポノガールズのなおちゃん。よしこさんの愛娘のきのちゃん。

今回の裏テーマ?はまるちゃんの金ごま。自然栽培で国産金ごまの生産をがんばっているまるちゃんのちっちゃな金ごまの前菜で始まり、金ごまデザートで終わる。数時間前から金ごまを丁寧に煎るまるちゃん。「う〜ん、いい香り!」を表現した写真!





小さじいちの中学1年の娘も仕込みのお手伝い。今まで将来の夢は「マスコミ!」と言うミーハー娘が、たかはしチームのお手伝いを経験して料理家さんのアシスタントがしたい!なんて。こんな経験ができる中学生、うらやましい。お邪魔だったかもしれないけどよしこさん、ともちゃん、なおちゃんチームにありがとう!HUTチームにありがとう!

食後は「CINEMA dub MONKS」のLIVE。去年の夏にいずれ焚き火チームで企画したLIVEに来てくれたときは、HUTはまだほぼテントでした!電気もなくて、大穂さんが沖縄から到着して食事中にランタンの燃料が切れて真っ暗になって大騒ぎ。ガスも水道もなくて、炭火でハタハタ焼いたり、くろぼくの真っ黒の土の森で駆け回って子供の学習発表会の演劇練習したり。それが一年後には、素晴らしい空気感があるこんなお店になるなんて夢みたいにどきどきします。そんなことを考えながら聴いた大穂さんの安里屋ゆんたが心に沁みました…。素晴らしい夜でした。




HUTは一度行っただけではものを選ぶことができないお店です。器の作家さん、海を渡ってきた古いもの、おいしい珈琲。そのモノたちがここに来た、そんな話を聞くだけで楽しくて。一つのコーナーで1日。次に行ったら器を見よう、次は布って。モノを丁寧に選ぶことの楽しさをHUTで思い出させてもらいました。

OPEN/木〜土・11:00〜16:00
年内は12月20日まで。