夏らしくないまま夏が終わりました

今年の夏は雨ばかり。海に行く間も、梅を干す間もなく、9月になってしまいました。
子供たちの夏休みもなんだか短かったように感じられます。

小さじいちは標高が高いところにあるので、夏でも比較的パン作りはしやすいですが、町の自家製酵母のパン屋さんは暑くてパン作りがしにくいこの時期にゆっくりお休みされるところが多いようです。毎年この時期にいろいろなパン屋さんが訪ねてきてくださいます。今年は、冬のイベントにたくさんパンを送っていただいた、西宮のameen's ovenさんも来てくださいました!パン作りのいろいろでも共感するところがあり、雑誌でしか拝見することがなかったオーナーの三島さんの魅力を感じさせてもらうことができましたー。私たちのオフシーズンの冬に、またameen's ovenさんに出かけたいです。


私たちの夏休みはとても短いので近場の岡山へ2泊3日の小旅行。牛窓のオリーブの小径へ、織物作家の山本裕子さんを訪ねて。観光の方が多いオリーブ園の中でここだけ違う空気が流れているよう。織物の教室では生徒さんが静かに作品作りをされていました。


初めての犬連れ旅行。戸惑うことが多かったけど、ワンちゃん連れの方の気持ちがいろいろわかりました!小さじいちのお店前にもお買い物の間ワンちゃんをつないでおける金具があれば、などと考えました。
牛窓から犬島へ。犬島への船にはペットはスリングかゲージに入れれば乗せてもらえます。犬島の島内は車は走っていないのでお散歩も安心です。細い小道を選んでどんどん歩いていく犬のおかけで、家プロジェクトや精錬所美術館などの作品鑑賞だけでなく、島の雰囲気を歩いて感じることができました。




帰りは大好きな倉敷の町へ。諸国民芸のお店でいつも少しずつ購入する真鍮の匙をもとめ、桃のかき氷に惹かれて三宅商店さんでごはん。スタッフの方が犬連れに少し戸惑っておられましたが、とても丁寧に外に面した席を考えてくれてゆっくりと食事することができました!実は、若いノリのお店かなーとあまり行ったことがなかったお店ですが、スタッフの方の親切さにが身にしみました。いつも行列なのはこのようにお店の魅力が何かあるからなのですね。


夏休みの最後は毎年恒例のスタッフくまちゃんの誕生会。今年は6月に米子にOPENした友だちのお店「PARADE」にて。PARADE(パラード)は古いバレエ教室を手作りでこつこつとリノベーションしたカフェで、ご主人の赤松くんの淹れたコーヒーと奥さまさわちゃんの焼き菓子、スパイスがホールでごろごろ入ったカレーのプレートなど、すべてがおいしい。友人のSBALCO designのだいちゃんが創りだす廃材で作ったテーブルや椅子も楽しくて、とても落ち着く心地よいお店です。
誕生会には急なお願いにも関わらずさわちゃんがシフォンケーキを焼いてくれて、おかげで誕生会っぽくなりました。とっても良い夏休みの締めくくりができて、PARADEのお二人に、最後のお休みなのに集まってくれた小さじいちスタッフに感謝!さあ、リフレッシュしてまたパン焼きが始まります。9月、10月はとても楽しくて大きなイベントの連続。楽しんでがんばろう。
小さじいちカレンダー








「PARADE」
鳥取県米子市昭和町44-6
☎0859-30-2166
OPEN/10:00から18:00 日曜日定休