ランチ・自家製金柑酵母のピクルス

 5月28日からのランチのメニューをお知らせします。

大豆と玄米粉のナゲット
自家製金柑酵母の大山野菜ピクルス
ほうれん草のポタージュ
豆乳ブラマンジェ




大豆と玄米粉のナゲット。
玄米の酵母でやわらかく香りよく炊いた大豆をつぶして、玉ねぎと炒めたクミンと一緒に練り、玄米粉でつないで落とし揚げにしました。子供たちは大豆を煮てもなかなか手をつけませんが、この落とし揚げなら何個でもパクパク。お手軽で必ずおいしい、定番メニューです。


自家製金柑酵母の大山野菜ピクルス。
こちらもこの季節の定番!野菜の種類がいろいろ増えてくると、「今週はピクルス!!」と毎年毎年同じ時期に思いつきます。毎日少しずついろいろな野菜を追加するので日によって野菜は違います。新玉ねぎ、スナップエンドウ、そら豆、ピーマン、にんじん、大根、カブ、ラディッシュなど。


有機栽培農家の森藤さんの野菜もたくさん届きました。ラディッシュやコールラビ、きれいな色のカリフラワーなどいろいろ漬け込みます。


庭にたくさん生えているノビルの球根もさっとゆでてピクルスに。しゃきしゃきの食感とらっきょうほどではないやわらかな辛味。

ピクルス液は金柑酵母をメインに玄米酵母と梅酢で酸味を出しています。甘みはメープルシロップを少し。あとはドライフルーツのパイナップルを一緒に漬けて甘さにしています。玄米酵母は数年前のものですが発酵力がすごくて、野菜が一気にしゅわしゅわになるので火にかけましたが、金柑酵母は熱処理はせず生きたままで。お皿に残ったピクルス液もお酢ドリンクの感じで全部飲んでもらいたいです!


ほうれん草のポタージュ。
この数日はあたためてお出ししていましたが、今日は冷製でも良さそう!
森藤さんの甘い甘いほうれん草を豆乳のポタージュに。仕上げには白味噌と梅酢やナッツで作った白味噌粉チーズをぱらり。

今年は暖かい、を通り越して、いきなり暑い毎日です。外のジューンベリーが熟れる、一番気持ちが良い季節のはずですが、外席が暑くって、カフェの室内に避難してこられる方もおられます。庭の雑草畑(!)を眺めながらゆっくりしてもらえると良いのですが・・・。今日はどんなお天気になるでしょうか。