4月30日から5月10日まで臨時OPEN中!



先週くらいから大山は連休モードで賑わっていて、たいへんバタバタしておりました!
お知らせが遅くなりましたが、今週水曜日から来週土曜日までお休みなく、連続OPENしています。ただ、カフェ「食べるところ」のランチメニューは通常の酵母プレートをお休みして、ベジタリアンサンドのランチボックスの販売とドリンクのみになっていますのでどうぞご了承ください。

春のゴールデンウィーク、夏のお盆、秋の紅葉シーズンと大山が混み合う時期には酵母プレートをお出しすることが難しいので、いつもベジタリアンサンドのランチボックス販売に切り替えさせていただいています。小さじいちのカフェか、お庭で食べていただくことができますし、テイクアウトもOKです。牧場や大山の森のピクニックのお弁当などにもどうぞ。



今回のサラダは春キャベツのサラダ。大山の有機栽培の春キャベツのさくさくの食感を生かすように大きめにざく切りして菜種オイルと海塩で和えました。ドレッシングはいちご酵母のドレッシング。この季節、一番大好きなドレッシングです。しゅわしゅわのいちご酵母とオリーブオイル、海塩、メイプルシロップをハンドミキサーで混ぜるだけ。いちごミルク色の甘酸っぱいドレッシングができますー。今回のいちご酵母はとっても甘くて、酸味が足りないくらいだったので手作りの梅酢も少し入れてさっぱりと仕上げています。



ドリンクメニューは定番の松浦珈琲、豆乳チャイに加えて手作りシロップジュースが数種類あります。

梅の甘煮ソーダ、すもものソーダ、は昨年の初夏の瓶詰め。梅は大きな梅がとうとうなくなってしまい小梅になりましたが、実も楽しんでいただけます。
スパイスジンジャーエールは昨年の秋収穫の有機栽培のしょうがを月桂樹などのスパイスたっぷりで煮込んだシロップのソーダ割り。
シナモンいちごソーダは今年のいちごのシナモン煮のソーダ割り。
メイプルレモンソーダとメイプルレモンミルクのシロップは瀬戸内の島の有機栽培レモン農家のリモーネさんからたくさんいただいたレモンを、甜菜糖とメイプルシロップとクローブで煮込んで瓶詰めしたもの。ソーダで割れば少し苦味のある大人のソーダ。豆乳で割れば、とろっとした飲むヨーグルトみたい。このメイプルレモンミルクが一番人気のようです。
いずれも甜菜糖で煮込んだシロップですので、いやな甘さが残らず、さっぱりと楽しんでいただけますー。



パン屋、カフェともたいへん混み合い、昨日は14時ごろにはパンがなくなり閉店しました。(カフェは16時まで必ずOPENしています。ランチボックスはお昼過ぎには売り切れることが多いです)
また開店時はどうしても混み合い、長く並んでいただくこともあります。パンの種類は開店時は多いですがなかなかゆっくり選んでもらえないので、少し落ち着いた12時前ごろに来ていただくのがお勧めのような気がします。12時で売り切れてしまうことはありませんので!

楽しい連休、お子さんが庭で遊んでいる姿を見ていると私たちにも連休のわくわくをおすそわけしてもらったような気持ちになります。雑草だらけの庭ですが、お客さまのお子さんが雑草のお花の花束を作ってくれたりしてかわいいです。ぜひ一番良い時期の大山にリフレッシュしに来てください。