倉敷意匠でのパン販売終了しました!



倉敷意匠さんでのイベント、無事に終了しました。
開店前から寒い中でお客さまが待ってくださり、とてもありがたかったです。
私たちが出向いた2日間とも、お客さまがとても多く、倉敷意匠ファンの方と
たくさんお話しすることができました。
倉敷意匠さんに行くために、わざわざ遠方から来ておられる方も多いので
関西や関東の方とも、大山のお話などをたくさんすることができて私たちも
楽しかったですー。



ワークショップも楽しい雰囲気で和やかに行うことができました。
香り豊かなカリン、失敗の少ないオーガニックレーズン、個性的で爆発的な発酵力がある
オーガニックデーツ、この3種から選んでもらい、参加者の方がそれぞれの仕込みをしました。
お料理はカリン酵母の寒天ゼリーをその場で作り、すぐに試食しました。
酵母を生かしたまま固める低温で作る寒天ゼリーなので、すぐに常温で固まるところがうれしい。
その他、青梅酵母の揚げびたし、デーツ酵母のキンピラ、レーズン酵母の豆腐味噌漬け
柿酵母のドレッシング+長芋ポテトサラダ、レーズン酵母しぼりかすのラムレーズンジャムなどを
全粒粉の食事パンと合わせて食べていただきました。
みなさんが興味があっていろいろ聞いてくださり、充実したワークショップになりました。
ありがとうございました!





帰りには倉敷意匠さんで、遅れていた母のお誕生日プレゼントを選びました。
プレゼント包装を何気にお願いしましたが、大山に帰ってから手提げの中を見ると
そのラッピングがとても素敵で、何だかその袋一つで倉敷意匠さんの全てを感じてしまうような
本当にあったかくなるようなラッピングでした。
こだわりのお店の愛情がこもったものなのだと、その袋を見ただけで母にも伝わり
渡される人、渡す人、ともうれしい気持ちになりました。
私たちも、包装に限らず、このように愛情が感じられるパン作りをしていかなければ、と再認識した
一日でした。

倉敷で出会ったみなさま、ワークショップ参加者の方、いろいろ販売の手助けやアドバイスを
してくださった倉敷意匠の田邉さんとスタッフのみなさま、ありがとうございました。

さて、1月15日からは米子高島屋でのパン販売です。
ガラッと雰囲気が変わって、今度はまた賑やかになります!
静かめな私たちですが…元気にいきます!