新じゃがとれました

 
今年もパン屋の目の前の畑の西澤さんの新じゃが、たくさんとれました!
西澤さんのじゃがいもはほんとにおいしい。
ゆでるとほろほろーととけてしまうような食感。
この新じゃがマッシュを生地の半分に練りこんだじゃがいもパン生地で
今回はじゃがいもフォカッチャをたくさん焼きました。

7月20日(土)はこの新じゃがフォカッチャを大山の店舗のほかに2店舗で
販売していただきます。

米子市:ティズ・クレイ=毎週土・日パン販売
http://clayzakka-cafe.co.jp/
倉吉市:クルール雑貨店=毎月第3土曜日パン販売
http://www.ncn-k.net/couleur/

フォカッチャのほかにも久しぶりに焼いたノア・レザンやオートミールクラッカーなど
たくさんのパンを届けますのでのぞいてみてください。

レーズンとくるみがたっぷり入ったノアレザンは、大好きで、以前はたくさん焼いて
いたのですが、この頃はなぜかあまり焼いていませんでした。
小さじいちでは新商品を次々とはあまり焼きません。
思いつきで焼いて数回で終わってしまうものではなくて、ずっと焼き続けられるパンだけを
店頭に出すようにしています。
ほぼ定番のものと、その季節だけに毎年焼くものなどを中心にしているのですが
なぜか、このノアレザンが定番から外れてしまっていたのです。
ところが先日、他のパン屋さんのすごくおいしいノアレザンを食べて感激して、
ああ、うちでも焼いてたんだ!と思い出したようにまた焼き始めたのです。

そのおいしいノアレザンは岡山の焼き屋さんのパン。
ご夫婦の手作りの石窯でパンを焼いておられます。
数年前にたずねたことがありますが、今回は石窯のことを教えてもらいに行きました。




ご夫婦で手作りした2代目の石窯。


この石窯で大きなカンパーニュから、この午後の時間にはパイなどの小さいおやつパンを
焼くのだそう。ルヴァンで修行されたとても素敵なご夫婦。お忙しい時間に丁寧にお話を
していただきました。ありがとうございました。






帰りには「住む」に載っていた素敵なカフェ「ハチガナ」へ。
迷いに迷いって、携帯の電波も通じず、あきらめかけていたところにどうにか到着。
若いスタッフの方ばかりなのに、閉店時間に到着した私たちを笑顔で
迎えてくださいました。
タルトやコーヒーがおいしいのはもちろん、ゆっくり敷地内を案内してくれたり
子供の相手をしてくれたり。商品の説明もわかりやすく押し付けずに教えてくれて
心地よい時間を過ごしました。



焼き屋さん、ハチガナさん。
郊外のお店に何時間もかけてわざわざ出かけてひと時を過ごすことの価値を
教えてもらった気がします。
小さじいちでもお客さま一人ひとりがどのようにして来られたか、いつも考えるように
しているつもりでしたが、今回の旅で気持ちが引き締まりましたー。

さて。
今日も大山でお待ちしています。
土曜日は混み合うことが多いですが、近くにブルーベリー農園などもありますので
遊びがてらゆったりとお出かけください。