山の冬のシュトーレン、本日より販売

毎年12月に焼くシュトーレン。
昨日、焼き上がり本日から販売です。
仕込みから焼き上げまで3日かかりました。
大山の小さじいちと、米子市のティズクレイさんで販売しています。



シュトーレンはドイツでクリスマスまでの間、少しずつ食べられる、クリスマスブレッド。
ドイツでは家庭によって中に入れるものや製法が違いそれぞれの家庭の味を楽しむ
習慣があるようです。

今年のシュトーレンは干し柿のようなねっとりした甘さの有機ドライデーツを挟み込み
ました。薄くスライスした時、一枚一枚にデーツが入るようにしています。
今年は粉糖を甜菜糖にしました。固い粒の甜菜糖をすり鉢ですってベージュの粉雪に。
甘さも口どけも爽やかになりました。
ピンクがかわいくて甘酸っぱいクランベリー、オレンジピールなど6種のドライフルーツや
ナッツ。シナモン、クローブ、カルダモン、ナツメグ、生しょうがなど体が温まるスパイス。
粉は石臼挽き全粒粉、ライ麦粉など3種のブレンド。

クリスマス準備の夜なべのひとときに、大人だけでこっそりと・・・。
もちろんクリスマスのおやつにお子様にもどうぞ。



シュトーレンが入っているポプラの木の箱は、実際に使えるお菓子の焼き型です。
250℃まで使えますので再利用してください!小物入れとしても楽しく使えます。

シュトーレンは本日12月7日から25日まで販売します。
2013年山の冬のシュトーレン。ポプラの木箱入り:1500円。
ご予約、発送なども承っていますー。


あわ屋五穀のカンパーニュ

今日が米子市のティズ・クレイさんでのイベント最終日です。
毎年、冬の営業中、一番長く居させてもらう場所ですので何だかなごりおしいです。

あわ屋さんのオリジナルブレンドのあわ屋五穀を使ってカンパーニュと
ミニ食パンを焼きました。
両方、生地は同じもの。熊本県産石臼挽き全粒粉、自家製酵母、塩、の
通常の基本生地に炊いたあわ屋五穀(もちきび・黄もちあわ・ひえ・黒もち米・赤米)を練りこんで。
カンパーニュは何と言っても石床の直火の窯で高温でパリッと焼き上げた固い皮がおいしい。
食パンは逆に水分を閉じ込めて焼いた、やわらかくてもっちりした食感。
同じ生地でも両方食べたくなる、特徴のある2種です。
あわ屋五穀はご飯に20%混ぜ込んで炊くととてもおいしいそうです。
あわ屋さんで販売しておられますよ!

先日あわ屋さんでいただいたしろつめ農園の信清さんの五穀パンが素朴であたたかくて
あまりにおいしかったので小さじいちでも焼いてみました!
しろつめ農園さんはあわ屋さんで毎週金曜日(事前に要確認)にパンとお菓子の
販売をされています。







ティズ・クレイさんの最終日、あと数時間になりましたが・・・ぜひお出かけください。


今週の'tis clayのパン

6月16日(土)、本日は米子市の生活雑貨店'tis clayさんでパンの販売があります。
毎週土・日に置いていただいています。
(売り切れの場合もありますのでお店にお問い合わせ下さい)
今週のパンを少し紹介します。


「野いちごジャムのコッペパン」
野いちごジャムは3週連続で販売しましたが、今回で終わりの予定です。
もう一度、野いちご摘みに出かけられるとよいのですが、来週の天気予報を見ると
ずっと傘マークなので、もう野いちごが終わってしまうだろうと思います。
短い夏前の実りが詰まったコッペパン。
渋めの紅茶やお抹茶などと一緒に午後のおやつにどうぞ。


「ブドウとくるみのパン」
ラム酒で漬けずに湯戻ししてジューシーに仕上げたレーズンとくるみがたっぷり。
石床のガス窯で蒸気たっぷりでかりっと焼き上げています。
天板で焼いたパンとはまた違う格別の旨味が詰まっています。


「ベーグル」
今週はオーガニックシナモンベーグルとクランベリーベーグル。
熱したフライパンにベーグルを入れ、水を少し入れ、フタ。
しっかり蒸された頃にフタを取って水分をとばします。
ベーグルがフライパンにくっつかずにぱりっと取れたら出来上がり。
蒸した天然酵母ベーグルのもっちり感はやみつきになる食感。

他にも全粒粉と酵母と塩だけで焼き上げたバケットなど
たくさんのパンを持っていきますのでぜひお出かけ下さい。
「'tis clay」 米子市西福原4-8-50 TEL0859-22-3034


現在のお店前の風景。
今のところ雨は降っていません。何だか明るくて緑がすごくきれいに見えます。
でも空にはどんよりと雲があって、すごく速く流れています。
何だか不思議な風景。雨が降りそうな不安定なお天気ですが見ていて飽きません。
・・・が開店準備!!
梅雨の大山の景色も美しいです。ぜひお出かけ下さい。

3月24日のパン

 

今日3月24日(土)は米子市の生活雑貨店ティズクレイさんにてパン販売の日です。
イベント続きで細かなパンがなかなか焼けませんでしたが今日は久しぶりに
いろいろな種類を持って行きました。

小豆ロール
有機栽培の小豆を土鍋でコトコトと炊いた、おうちの味のあんをシンプルな生地で
ロールしました。トーストしてバターがよく合います。おやつにほうじ茶と。

クリームチーズ+ラムレーズン
最近はパンメニューもマクロビオティックに傾いていて、究極のシンプル、のような
パンが多かったですが、久しぶりにクリームチーズを使いました。
少し休憩しながら、やさしい、楽しいパンも焼きたくなって。
クリームチーズとラムレーズンの相性は抜群ですよね。
おやつによし、ワインのおともによし。ゆっくりした午後にどうぞ。

じゃがいものフォカッチャ
定番のじゃがいもフォカッチャですが、今回は玉ねぎ入りです。
有機栽培の玉ねぎをオリーブオイルで長い時間かけてゆっくりいため、甘みを出しました。
この玉ねぎとじゃがいものマッシュをたっぷり練りこんで、焼きました。
じゃがいもだけのフォカッチャよりも、濃厚で、食欲をそそる香りがいっぱいです。
スープやパスタと一緒に。動物性食材は一切使っていないパンです。
フライパンに少し水を入れてフタをして弱火で蒸し焼きにするともっちり焼き戻せます。
水分が残るので最後はフタをとって、水分をとばしてください。水分がとべば
フライパンにパンがくっつくことはありません。

そのほかにもりんごカラメルソテーのコッペパンやさいころ食パンなどを持っていきましたので
クレイさんにお立ち寄りの際はのぞいてみてください。



じゃがいもフォカッチャ





3月4日(日)はミリバールマルシェです。
ランチ用のじゃがいもフォカッチャを焼きました。
天板一枚分の大きなサイズで焼きました。
フォカッチャはランチ用と、販売用もあります!
まずはランチで食べて、おいしかったらぜひおみやげにどうぞ。
ではーマルシェでお待ちしていますー。



ひまわりの種のカンパーニュ

1月28日から29日はいろいろな場所でパンの販売があります。
毎週土・日販売の米子市・ティズクレイさん
http://clayzakka-cafe.co.jp/
毎週日・月販売の米子市・ホワイトウィペットさん
http://www.white-whippet.jp/
(在庫の有無は各店にお問い合わせください)

そして29日は大阪のギャラリーsajiさんのWindow-marketに
出かけてパン販売いたします。ぜひお越し下さい。
http://www.saji-3.jp/

この3店舗で今回販売している「ひまわりの種のカンパーニュ」のお話を少し。





ひまわりの種のカンパーニュは2キロくらいの重さで大きく焼きます。
それをカットして販売します。
大きく焼くことで焼成時間が長くなり(40分から1時間くらい焼きます!)
皮の部分の香ばしさが出てきます。

*食べるときは何と言ってもオリーブオイルです。
スライスしてこんがりトースト、オリーブオイルに少しだけお塩を入れて
つけながら食べてみてください。
ひまわりの種のこっくりした食感と風味がクセになります。

*カリカリのパンが苦手な方は、フライパンで焼いてみてください。
しっかり熱したフライパンに植物性オイルを少し引いてスライスしたパンを置き
水を少しだけ均等に入れてフタ。ほどよく焦げ目ができたら裏返し、再び蒸し焼き。
これでもっちりとした独特の食感のパンになります。
不思議と冷めてももっちり感が続いて、ゆっくりと食べてもいつまでもおいしいです。



他にも果実酵母のバケットなど、いろいろ焼き上がりました。
雪に囲まれた大山では空気がたいへん冷たく、酵母もとてもゆっくり育ちました。
酵母がなかなか起きなくてたいへんな冬ですが、こんな冬の酵母が大好きです。



もう一つお知らせ。
2月10日から26日のティズクレイさんでのイベントの内容ができてきました。
テーマは「パン屋が食べたい、パン屋のパン」
それぞれがとっても個性的で魅力的なパン屋さんのパンをみなさんに紹介します。
2月15日・22日は酵母のワークショップもあります。
詳しくは大阪から帰ってきてから。お楽しみに。




「固い」オートミールクラッカー焼きました


オートミールクラッカー

オートミールクラッカー2

冬季営業中のため、大山の店舗をお休みしていますが
今日は米子市内の雑貨屋ティズ・クレイにてパンを販売していただいています。

自家製天然酵母のパンは酵母が息切れしてしまい、製造ができなかったため
今週のパンはイースト発酵のさいころ食パンだけの販売です。
そのほかには自家製天然酵母パンのラスクとオーガニックオートミールクラッカーを
焼きましたので、合わせて見てみてください。

オートミールクラッカーは石臼挽き全粒粉とオーガニックオートミールをベースに
国産菜種オイル、海の塩、自家製天然酵母を練りこんで焼いています。
焼きあがりにオーガニックメイプルシロップを薄く塗って仕上げました。
バターや卵を使わない焼菓子は、どうしても「しっとり」とか「さくさく」とか
「ふわふわ」になりません。
最初はぼそぼそ感に抵抗があるかもしれませんが、よく噛んでいるうちに
全粒穀物のおいしさが出てくると思います。

よく噛まなくても食べられる近年の食生活の中で、唾液が出にくくなってきている人が
増えているとのこと。
唾液が出ないことが体のしくみのいろいろなところに悪影響があるということを
正食の中で学び、自分の子供にもガリガリと固いおやつを食べさせてあげたいと
思うようになりました。

そんなこんなで焼いた「固い」オートミールクラッカーですがぜひ食べてみてください。
少量ですが今日のティズ・クレイさん、明日のホワイト・ウィペットさんにて
販売していただきます。
来週からは酵母も元気になりますので自家製天然酵母パンをお届けできる予定です!

生活雑貨店'tis clay(ティズ・クレイ)
http://clayzakka-cafe.co.jp/

| 1/1PAGES |